院長:辻本英明
昭和31年兵庫県生まれ
京都大学薬学部卒業
大阪大学医学部卒業
大阪大学医学部附属病院、協和会病院内科医長を経て、
平成3年開業
神戸市灘区医師会理事
学 会:日本東洋医学会、日本内科学会
研究会:関西中医薬研究会
活 動:親和高校、神戸高校の校医
    小林製薬の「からだ情報」の学術面に協力
最近の研究・発表:最近は漢方のみならずサプリメント等にも注目しています。また、次世代の青少年の育成に取り組んでいます。
 
 
当院は東洋医学と西洋医学を併用しています。
東洋医学、西洋医学ともに長所も短所もあり、両者を併用することによってより治療効果をあげ、生活の質の向上に役立つからです。
東洋医学としては漢方エキス剤、煎じ薬を主に用いており、鍼灸、整体師との協力体制もとっています。
西洋医学としては通常の外来治療の他、いくつかの大病院との連携をとっています。
症例は一般内科系疾患が最も多いのですが、アトピー性皮膚炎などの皮膚科疾患や腰痛症などの整形外科的疾患、生理不順などの婦人科系疾患も少なくありません。

内科的疾患はさらに分類できます。
消化器疾患として、胃炎、胃十二指腸潰瘍などから潰瘍性大腸炎、悪性腫瘍(術後を含む)などの難病まで含みますが、急性期は西洋医学的治療によって、また慢性期は東洋医学的治療によって対応します。
肝疾患も西洋医学と東洋医学のコンビネーションが重要であり、肝炎から肝硬変さらに肝癌という最悪の経過を防ぐように努めています。
循環器系疾患は西洋医学を主に用いますが、東洋医学的治療を加えることで生活の質をよりよくすることができます。
呼吸器系疾患では気管支喘息、肺気腫などが多いですが、東洋医学的治療により、喘息発作を少なくすることができます。あるいはほとんど発作をなくしたり、肺気腫などの呼吸苦を改善します。またこれらの増悪因子である、感冒への羅患を減らすことも可能です。
皮膚科疾患ではアトピー性皮膚炎が多く、ステロイドを離脱できる症例や養生のみでコントロールできるようになった症例も多くあります。
婦人科系疾患では不妊症や生理不順などの方が多く、漢方薬などで自覚症状等の改善が得られます。
その他にも色々の疾患に対し、東洋医学と西洋医学の長所を組み合わせることでそれぞれ単独で行う以上の治療効果、生活の質の向上を得ています。

診療上留意している点は、 全人的な治療を行うことに心掛けています。
また、 当院では、患者さんに少しでもよくなっていただくことを基本としています。そのためには東洋医学、西洋医学、カウンセリング等、患者さんの特徴に応じて様々な治療法を行います。
患者さんに希望するのは、とにかく治る、あるいはよくなっていただくことを主醗においています。そのためには養生等も必要ですのでご協力お願いします。
 
 
漢方治療歴は約20年です。学生時代から漢方の勉強会に参加していました。内科医となってから、日本漢方は中島秦三先生にご教示いただき、中医学は高雄病院の先生方や中国中医薬大学 の李俊龍先生、北京中医薬大学の戴毅先生、南京中医 薬大学の王強先生等に御教示いただいています。
 
 
診察室
診断装置
レントゲン装置
超音波診断装置
消炎鎮痛用医療機器
牽引治療器
干渉波治療器
トップページ
 
ページトップ
Copyright © Tsujimotonaika. All Rights Reserved.